| HOME PAGE|前の.Topic |次のTopic | メールでのご注文はこちらからどうぞ|

Today's topic No. 308
  2019/8/13


  酪農学園大学のブルーグラス出身で、現在は扇町ボンバーズ、ひいらぎ弦楽団等で活躍、札幌のライブ・ミュージックの発信基地として重要な喫茶軽食ひいらぎの店主も務めるみなかみまゆ子のソロ・アルバム。
  

 




MM-2019 みなかみまゆ子(本体\1,389-)\1,500-

元気を出して/大切なひと 〜The Lakes Of Pontchartrain〜/Desperado/ひこうき雲/石狩挽歌/竹田の子守唄/やさしさに包まれたなら/Ring Them Bells/木蘭の涙/翳りゆく部屋

 酪農学園大学のブルーグラス出身で、現在は扇町ボンバーズ、ひいらぎ弦楽団等で活躍、札幌のライブ・ミュージックの発信基地として重要な喫茶軽食ひいらぎの店主も務めるみなかみまゆ子のソロ・アルバム。

 ハードトゥファインドのギター&ブズーキ奏者でひいらぎの常連客でも有る星直樹との共同プロデュースで、耳に馴染みのあるメロディを素朴で清涼感のあるボーカルで聞かせる。

 竹内まりあや荒井由美、スターダスト・レビュー等々、同時代を生きた、ブルーグラス女子の方々の中にも共感を覚えるであろう名曲の数々を星のギターとブズーキによるシンプルで歌心有るサウンドでアレンジ、「石狩挽歌」はDADGADチューニングを用いてアイリッシュと演歌の邂逅。

 サラ・ジャローズにインスパイアされたボブ・ディラン・ソング"Ring Them Bells"。

 80年代にアイリッシュの国民的バンド、ディダナンの女性ボーカリストだったモーラ・オコンネルやメアリー・ブラックが登場して、アメリカン・フォークソングやビートルズ曲を取上げた時の新鮮な感覚を思い出した。

 北海道ブルーグラス界の功労者の一人、関野文雄が"Desperado"でぺダル・スチールで参加。
  ☆☆ビー・オー・エム・サービス(御注文は:TEL 0797-87-0561:FAX0797-86-5184:E-MAIL order@bomserv.comにて承ります。☆☆