HOME PAGE | ご注文|NEWSLETTER INDEX |前のご案内 |次のご案内     
  [B.O.M.Services 最新入荷&ベストセラー]

2024年6月1日

  PDF FILE 印刷フォーマットでも読んでいただけます。 
 ■今月のハイライト
  ●BBR-5321 DARIN & BROOKE ALDRIDGE『Talk of the Town』CD(\2,950-)\3,245-税込

 IBMA女性ボーカリスト・オブ・ザ・イヤーを4回受賞、ダリン & ブルック・オルドリッジの最新作。マーク・フェインとダリン・オルドリッジのプロデュース、サマンサ・スナイダー、マーク・フェイン、ステュアート・ダンカン、ロン・ブロック、コディ・キルビー、エディ・ダンラップ、ジェイコブ・メッツ、リン・ウィリアムズ等に加えて、ジョン・ジョーゲンソン、ビンス・ギル、リッキー・スキャッグス、モー・ピットニー等がゲスト参加。ブルーグラス音楽の豊かな伝統に則りながらその限界を押し広げていくエネルギーを感じる作品に仕上がっている。ジョン・ジョーゲンソンを迎えた"Price I Pay"はデザート・ローズ・バンドとエミルー・ハリスとのコラボレーションからインスピレーションを得たという。ハンク・スノウのクラシックを独自のスタイルで再解釈すした"A Food such As I"。エミルー・ハリス、ジョニー・キャッシュ、スタンレー・ブラザーズ等で知られるゴスペル曲"Jordan"はリッキー・スキャッグス、モー・ピットニー、マーク・フェインを迎えて演じられている。"A Million Memories (song for Byron)"は2021年に亡くなったフィドラー、バイロン・バーリンについてビンス・ギルが書いた曲"A Million Memories (song for Byron)"でダリンとビンスによるデュエット。
 ■ブルーグラス新入荷
  ●BRC-5032 DANIEL GRINDSTAFF『Heroes & Friends』CD(\2,650-)\2,915-税込

 18歳の頃からジム & ジェシーのバンジョー奏者として活動を開始、ドリー・パートン、デイリー & ヴィンセント、ドイル・ローソン等の下で20年に亘ってサイドメンとして活動してきたダニエル・グラインドスタッフの、多彩なゲストを迎えたソロ・プロジェクト。ポール・ブリュースター & ドリー・パトンをフィーチャーしたヒット・シングル"Forever Young"、アンディ・レフトウィッチの凄まじいテクニシャン振りををフィーチャーしたインストゥルメンタル曲"Finnland"(トレイ・ヘンズリー[g]、ジェシー・ブロック[m]、ケント・ブラントン[bs])含む10曲の新録音。全曲グラインドスタッフ自身がアレンジとプロデュースを手がけている。スタットラー・ブラザーズのジミー・フォーチュンとデイリー & ビンセントを迎えた"I'll Still Write Your Name in the Sand"、デル・リーブスのトラック・ドライバー・ソングの名曲"Looking at the World Through A Windshield"ではトレイ・ヘンズレーをフィーチャー。ドイル・ローソン、リッキー・ワッソン、ジェフ・トルバート、トレイ・ヘンズレー、ケヴィン・リチャードソンが参加。自身のバンジョーとアンディ・レフトウィッチのマンドリンが聞き物のインストによる"When You're Smiling"、ドイル・ローソン(m)のイントロに導かれてリック・ワッソンとジェフ・パーカーとのトリオ・コーラスが冴える"Colleen Malone"、ハード・ドライビング名バンジョーが素晴らしい"Jesse James"、"My Last Old Dollar"、味わい深いオリジナル・インスト"Three Arrows"まで全10曲、良くプロデュースされた上質のブルーグラスが楽しめる。 
  ●OMAC-30 MARK AND MAGGIE O’CONNOR『Life After Life 』CD(\2,650-)\2,915-税込

 マークとマギー・オコーナー夫妻によるマギーのボーカルを中心とした作品。TNNの人気番組『アメリカン・ミュージック・ショップ』のバンマスを務めていたマークのフィドルとギターをたっぷりとフィチャーした流石の音創り。マークとジョー・ヘンリーの共作による巧みなオリジナルに加えて、ドリー・パートン"Wildflowers"、スティビー・ワンダー"Love’s in Need of Love Today"、ジェイソン・イズベル"Something to Love"の3曲のカバーではブルーグラス・ファンを唸らせるアレンジが魅力。ラストはバイオリンのデュオで、ロシアのミサイルから避難していたキエフ交響楽団とオンラインで共演した時に学んだというのウクライナ民謡"Verbovaya Doschechka"で締めくくられている。
 [温故知新]
  ●ROU-0103 J.D.CROWE & THE NEW SOUTH『My Home Ain't In The Hall Of Fame』CD(\2,450-)\2,695-税込

 故キース・ウィットリーを擁したJ.D.クロウ&ニュー・サウスが78年に発表したランドマーク・アルバムがまさかの再入荷。J.D.がキースという希代のシンガーを得たことでブルーグラスから大きく一歩踏み出したアルバム。J.D.、キースにジミー・グッドロー、ボビー・スローン、スティーヴ・ブライアントというラインナップから繰り出される先鋭的なブルーグラス、ダグ・ジャーニガン(pedal steel)をフィ−チュアしたカントリー・サウンドを大胆に取り込んだ新しいスタイル、プログレッシヴな内容故に当時物議を醸したアルバムである。 
 ■オールドタイム、フォーク、アメリカーナ新入荷
  ●MMKE217 MARTHA SPENCER『Out In La La Land』CD(\2,650-)\2,915-税込

La La Land/California Sunshine/Woman of the Road/Sometimes/Abducted By Your Love/Little Darling/Coo Coo/Do I Ever Cross Your Mind/Who's Gonna Break It To My Heart/West Texas Wind/Tomorrow is a Long Time/Same Little Dream全12曲

 ホワイトトップ・マウンテニアーズの一員としてアパラチアン・トラッドを演じる音楽一家に生まれたマーサ・スペンサー、ムーンシャイナー5月号でも紹介した彼女の最新作はスチール・ギターや軽いパーカッション等をフィーチャーした新感覚のカントリー作品。マーサ自身によるプロデュース、エンジニアも務めるマーク・ソーントン(g)、ジェイ・ウィーバー(bs)、デニス・クロウチ(bs)、クリス・スクラッグス(g,steel g)、ビリー・コントレラス(f)、リリー メイ リッチ(v)等がバックアップ。"Tomorrow is a Long Time"(ボブ・ディラン)、"Do I Ever Cross Your Mind"(ドリー・パートン)以外はマーサの透き通ったボーカルを活かした味わい深いオリジナル。 
  ●SPIT-043 LAURA CANTRELL『Live At the BBC』CD(\2,750-)\3,025-税込

 1967年ナッシュビル生まれで、ニューヨークを拠点に活動する女性シンガー、ローラ・カントレル、2000年のデビュー作『Not The Tremblin' Kind』がBBCの司会者ジョン・ピールの支持を得た事でイギリスでの人気に火が付いたという。本作『Laura Cantrell At The BBC』は、未発表曲を含む2000年から2005年までの彼女のオンエア・パフォーマンスのベストを集めたアルバム。2011年にキティ・ウェルズに捧げた『Kitty Wells Dresses: Songs Of The Queen Of Country Music』を発表、伝統的なカントリー音楽にも造詣の深い彼女、マンドリンやギターをフィーチャーしたアコースティックなサウンドに載せた感性豊かな歌声が堪能できる。
 ■カントリー・ポップ・ロック新入荷
  ●CLBI889965 BEYONCE『Cowboy Carter』CD(\2,650-)\2,915-税込

 グラミー賞の歴代最多受賞記録とノミネート記録を保持、自らのルーツに目を向けて黒人音楽の伝統を追求してるビヨンセ、ダンス音楽を取り上げた『Renaissance』の続編として、カントリー音楽を取り上げた最新作。リアノン・ギデンズが参加の"Texas Hold 'Em"、新たな歌詞を加えたドリー・パートンの"Jolene"他、ウィリー・ネルソン、マイリー・サイラス等とのコラボレーションが収録されている。
 
 ■発掘、編集新入荷
  ●BGOCD-1513 KATHY MATTEA『Kathy Mattea / From My Heart / Walk The Way The Wind Blows / Untasted Honey』2CD予価CD(\2,950-)\3,245-税込 近日入荷

Disc 1:Street Talk/Someone Is Falling In Love/You’ve Got A Soft Place To Fall/Takin’ The Givin’ Way/You Know That I Do (And I Know That You Won’t)/Full Time Love/Somewhere Down The Road/That’s Easy For You To Say/Back To The Heartbreak Kid/God Ain’t No Stained Glass Window/It’s Your Reputation Talkin/I Believe I Could Fall In Love (With Loving You)/Trail Of Tears/Never Look Back/Heart Of The Country/Ball And Chain/When I’m Over You (What You Gonna Do)/Talkin’ To Myself/He Won’t Give In/If I Hadn’t Met You全20曲

Disc 2:Talk The Way The Wind Blows/Train Of Memories/Reason To Live/Evenin’/Leaving West Virginia/Love At The Five & Dime/You Plant Your Fields/Back Up Grinnin’ Again/You’re The Power/Song For The Life/Untold Stories/Life As We Knew It/Eighteen Wheels And A Dozen Roses/The Battle Hymn Of Love/Late In The Day/Goin’ Gone/Untasted Honey/Like A Hurricane/As Long As I Have A Heart/Every Love全20曲

 ウェスト・バージニア生まれのカントリー・シンガーでブルーグラス・アルバムもリリースしているキャシー・マティア、84年のデビュー作『Kathy Mattea』、1985年『From My Heart』からプロデュースにアレン・。レイノルズが担当、ティム・オブライエン作のタイトル曲やナンシー・グリフィス作"Love at the Five and Dime"他、ブルーグラス・ミュージシャンが起用されている1986年『Walk The Way The Wind Blows』、No.1ヒット"Eighteen Wheels and a Dozen Roses"やティム・オブライエンとのデュオ"The Battle Hymn of Love"、ナンシ・グリフィスも取り上げていた"Goin' Gone"を収録、ブルーグラス寄りのアコースティック・カントリー路線がより明確となった『Untasted Honey』の4作を2枚のCDに収めたコンピレーション。
 
 [フランク・ウェイクフィールド追悼]
  ●RC-104 RED ALLEN 『Frank Wakefild, Don Stover, Kenny Kosek, Kevin Smyth, Greg & Neal Allen』CD-R(\1,980-)\2,178-税込

 米国でお蔵入りしたカウンティ・レコードのレッド・アレン三部作となるはずだった一枚を探り当て、1976年にレッドクレイからリリースした作品。「これは決して最高の演奏ではないけれど、レッドと(師匠である)フランク・ウェイクフィールドの最後の録音であり、レッドが(のちに数々のアルバムを発表する)息子たちと録音した最初の作品」(デビッド・グリスマンのライナーより)。フランクのモンロー直系のマンドリンが聞ける一枚。
  ●SF-40127 RED ALLEN 『The Folkways Years 1964-1983 Featuring Frank Wakefield』 CD(\2,450-)\2,695-税込

 60年代前半を代表する名盤のひとつ、レッド・アレンとフランク・ウェイクフィールドのフォークウェイズ盤『Bluegrass』(FA-2408 '64)のCD化。CD化に当たって、オリジナルLPの12曲に加えて、アウト・テイクとなっていた6曲(これが実に素晴らしい!!)が初登場、更に、70年代後半以降に息子たちや友人を交えてフォークウェイズに残した4枚のアルバムから10曲をセレクトしての全28曲という構成。
  ●PATUX-258 RED ALLEN & FRANK WAKEFIELD『WDON 1963』CD(\2,650-)\2,915-税込

 本作はオズボーン・ブラザーズを離れたレッド・アレンと"New Campton Races"で名声の高まったフランク・ウェイクフィールドがフォークブームに沸くワシントンDCで活動を始めてビル・キースを迎えてフォークウェイズからデビュー・アルバム『Bluegrass』(1964)を発表する直前の1963年、メリーランド州ウィートンのWDON局の15分番組の為にカイケンダール家の地下室にあるウィンウッド・スタジオでピート、トム・モーガンを従えて残した録音が陽の目を見た。
 ■月刊ムーンシャイナー特集/関連作品
 [ベン・エルドリッジ]
  ●REB-1103 SELDOM SCENE『Live at Cellar Door』CD(\2,450-)\2,695-税込

 初期セルダムシーンが最も充実していた時の2枚組ライブLPがデジパックの新しいジャケットで再発売。最後までアンチ・ナッシュビルを貫き通して、商業主義とは違うところでプロフェッショナルを貫き通したジョン・ダッフィのショーマンぶりとジョン・スターリングの卓越したボーカル、マイク・オールドリッジのドブロの概念を変えた革新的なプレイ等、完璧なアンサンブルで、都会の大人向けブルーグラスを完成させた究極のライブ。長年、DC地区でDJを務めたケイテイ・デイリーのライナーノーツを加えたデジパックで新登場。
  ●REB-1511 SELDOM SCENE『Act 1』CD(\2,450-)\2,695-税込

 1972年春、"City of New Orleans"や"Sweet Baby James"など、若き軍医ジョン・スターリングの持ち込んだ時代の歌と、ダッフィのブルーグラスとアパラチアン・バラッドが衝撃だったデビュー作。
  ●SH-2202 SELDOM SCENE『15th Anniversary Celebration』CD(\2,750-)\3,025-税込

 セルダム・シーン人気絶頂の1986年、リンダ・ロンシュタット、エミルー・ハリス、ザ・ホワイツ、リッキー・スキャッグス、トニー・ライス、ステュアート・ダンカンらをゲストにケネディー・センターで開かれた結成15周年記念コンサートの2枚組LPのCD盤。フォークやカントリーとの垣根なく、米国の首都ワシントンDCのセレブ(政府要人)を巻き込んで花開いたDCグラス・ブームの最良のサンプルがこのライブ1枚に凝縮されている。
  ●SF-40199 SELDOM SCENE 『Long Time... Seldom Scene』CD (\2,450-)\2,695-税込

 ベン・エルドリッジ、最後の作品となった2014年作。ルー・リード(m)がダッフィを髣髴させてくれる……、本来のリードボーカルであるダドリー・コンネル(g)の凄さ、そしてなーんと!ドブロのフレッド・トラバースの歌が素晴らしい!! ベン・エルドリッジの鈴を転がすようなバンジョーと、フレッドのマイク・オルドリッジ(1938-2012)を思い起こさせてくれる甘いトーンのドブロが懐かしいシーンサウンドを再現、ルーもダッフィ的なイチビリで楽しませてくれ、ロニー・シンプキンズが手堅いベースでリズムを支える。さらに本作ではオリジナルメンバーのジョン・スターリングがあの2曲、“Wait a Minutes”と“Mean Mother Blues” ビル・モンローの“Little Georgia Rose”をあのシーンアレンジ――トム・グレイを迎えたタイトなフォービートドライブを再現してくれる。さらにエミルー・ハリスまでが“Hickory Wind”を歌うという超々豪華版! さらにさらに、ベンの息子でパンチ・ブラザーズのクリス・エルドリッジまで参加。
  ●REB-1549 TONY RICE 『California Autumn』CD(\2,450-)\2,695-税込

 セルダム・シーンやマイク・オールドリッジの一部の作品以外に録音が少ないベン・エルドリッジが参加したトニー・ライス、デビュー作『Got Me A Martin Guitar』に続く、1975年のソロ第2作がリマスターされてリリース。ジョン・ダフィを除くセルダム・シーンとJ.D.クロウ(bj)、リッキー・スキャッグス(m,f.v)、ジェリー・ダグラス(d)のバンド仲間に加えてラリー・ライス(m)が参加。ジョン・スターリングのプロデュース、エンジニアには後にリトル・フィート『Waiting for Columbus』を手掛けたジョージ・マッセンバーグ。トニーのペンによるタイトル曲、ラリーの"Mr. Poverty"他フォーク・タッチのオリジナル。"Billy In The Low Ground""Red Haired Boy""Beaumont Rag"のギター・インスト。セルダム・シーンとニューサウスが合体した様な"You Don't Know My Mind"や"Good Woman's Love"ではリッキーとの息の有ったコーラスも聞き物。しっとり聞かせる"Georgia On My Mind"、後のトニー・ライス・ユニットに繋がる"Scarborough Fair"等々、バラエティー豊かに演じる若きトニー。グリスマンと共にドウグを始める前のギターが初々しい。
 {レモン・スライス}
  ●LS-2404 レモン・スライス『Lemon Slice the 2nd』CD(\1,818-)\2,000-税込

Lone star state of mind/Is the blue moon still shining/This heart of mine/Blue Kentucky girl/Dance/If you're not gone too long/He took your place/Across the great divide/Once a day/Snowbird/The power of love/In tall buildings全12曲

 大分で活動するレモンスライス、2010年の『Remember me』に続く、2作目の『Lemon Slice the 2nd』。ギターとボーカル & ベースという最小ユニットで、今年の月と2月に大分市のテイク5スタジオでギターとベースだけでの録音。(ギターだけはリズムギターを重ねている)。「ボーカルとベースの優さん(v,bs)が子育てのため、しばらくは県内のみ活動をしてきましたが、昨年から美星フェスや宝塚フェスへ参加できるようになりました。今のレモンスライスのブルーグラスをお楽しみください。(上尾光邦)」
 [宮崎勝之]
  RC-119 宮崎勝之/Katsu Miyazaki『Mandoscape』CD(\1,980-)\2,138-税込

 マンドリニスト、宮崎の第2作はデビッド・グリア制作のナッシュビル録音。デビッド(g)の他、オウブリー・ヘイニー(f)、スコット・ベスタル(bj)、そしてビクター・クラウス(bs)といったナッシュビルのトップ・ミュージシャンをバックに、1曲目のホットな早弾きから、日本的な情感を漂わせるメロディーや、トラッドなフィドル・チューンを思わせる曲など、2曲のカバー(モンロー曲とトラッド)を除いて8曲のオリジナルを、宮崎ならではのシュアーなピッキングで聴かせる。 
 [ムーンシャイナー6月号レビュー紹介作品]
  ●MVD14875A V.A.『We Still Can't Say Goodbye: A Musicians' Tribute To Chet Atkins』CD+DVD (\3.900-)\4,290-税込

 ギターの神様、チェット・アトキンスへのミュージシャンズ・トリビュート、ヴィンス・ギル、エリック・クラプトン、アリソン・クラウス、ジェイムス・テイラーらが参加。本作はヴィンス・ギル、トミー・エマニュエル(CGP)、エリック・クラプトン、ブラッド・ペイズリー、ジェリー・ダグラス、リッキー・スキャッグス、ジェイムス・テイラー、アリソン・クラウス、チャーリー・マッコイ、マイケル・クリーヴランド、ブライアン・サットン、アシュリー・キャンベル、ブレント・メイスン、ガスリー・トラップ、シエラ・ハル、ヴォーカリストのブラッドリー・ウォーカーといったトップ・ミュージシャンとシンガーが、チェットへのオマージュを捧げている。
  ●LIB-5170 THE FLYING BURRITO BROTHERS『Live In Amsterdam 1972』LP2枚組(\8,800-)\9,680-税込 送料別途

 カントリー・ロックの嚆矢、フライング・ブリトー・ブラザーズ、1972年1月にアムステルダムで録音された伝説的パフォーマンス、後にバイロン・バーライン、ケニー・ワーツ、ロジャー・ブッシュ、アラン・マンデによるカントリー・ガゼットへと進化、この録音は、LP時代に海賊盤として出回り、その後、オランダとイギリスで正式にリリースされたが、直ぐに廃盤となり、この度、権利問題をクリアーしてアナログ盤でリイッシュされた。
  ●PC-1284 WILSON BANJO CO『Memory Lane』CD(\2,650-)\2,915-税込

 有名なカスタムバンジョービルダーおよびベテランのレコーディングエンジニアとして長年、活動していたスティーブ・ウィルソンとサラ・ローガンによるコンテンポラリー・ブルーグラス。サラ・ローガンの存在感のあるボーカルでハイ・ロンサムなバラッドからハード・ドライビン・ナンバー等々、バラエティ溢れる演奏が聞ける。
  ●BBR-5669 AUTHENTIC UNLIMITED『So much for forever』CD(\2,950-)\3,245-税込
●BBR-5668 AUTHENTIC UNLIMITED『The Gospel Sessions Vol. 2』CD(\2,950-)\3,245-税込


 ドイル・ローソンの隠退を受けて残ったクイックシルバーのメンバーにジェシ・ブロック(m)が参加して結成されたオーセンティック・アンリミテッドの2タイトルが同時にリリース。『So much for forever』はジョナサン・エドワーズの"Ain’t Got Time"以外、メンバーのオリジナル。ソングライターとしての多才さに驚かされる。前作に続く『The Gospel Sessions Vol. 2』、スタンレーで知られる"Cry From the Cross"を皮切りにメンバーのオリジナルが5曲、クイックシルバーの伝統を引き継いで2曲のアカペラも収録。ド迫力のコーラス、完璧な楽器ワーク、ハイクォリティのブルーグラスが聴ける。
  ●PATUX-065 THE MALOY BROTHERS『Time Will Tell』CD(\2,650-)\2,915-税込

 フランクとジョーのマロイ兄弟による、とても素朴ななバイオリン & ギター・デュオ集。ウエスタン・スウィングからジャズ、ラテン リズムまで、驚くほど幅広いスタイルに対応している。心温まる素朴な演奏に触れると、バイオリンを手に取りたくなる事必至です。
  ●ROU143628 SIERRA FERRELL『Trail Of Flowers』CD(\2,650-)\2,915-税込

 オールド・クロウ・メディスン・ショー、ピーター・ローワン、コリー・ウォーカーの最新作にも参加、現在のルーツ・ミュージック・シーンで最も輝く若手の一人であるシエラ・フェレル、待望のセカンド・アルバム。アコースティック、ホンキートンクっぽいサウンドに乗せたオリジナルやノスタルジックな雰囲気が醸し出ているフィドリン・アーサー・スミスの"Chittlin’ Cookin’ Time In Cheatham County"等、少しハスキーで懐かしさを覚えるボーカルで、独自の世界観を醸しだしている。
  ●OB79 VARIOUS ARTISTS『Live On Mountain Stage: Outlaws & Outliers』CD(\2,650-)\2,915-税込

 ウェストバージニア州の公共放送によって制作され、NPR(ナショナル・パブリック・ラジオ)を通じて全世界に配信される音楽番組、マウンテン・ステージ、番組の共同創設者であり、長年の司会者であるラリー・グロースがキュレーションした番組のハイライトをまとめた『Outlaws & Outliers』をOh Boy Recordsからリリース。アリソン・クラウス、モリー・タトル、ティム・オブライエン、ベラ・フレック & アビゲイル・ワッシュバーン、ワッチハウス、ギリアン・ウェルチ & デビッド・ローリングス、キャシー・マテア、ジョン・プライン他。
  ●JASMCD3786 NITA, RITA & RUBY『Whose Baby Are You?』CD(\2,450-)\2,695-税込

 ANITA CARTER(メイベル・カーターの末娘)、RITA ROBBINS(ナッシュビル'A'チームのギタリスト、レイ・エデントンの妻)、RUBY WELLS(キティ・ウェルズとジョニー・ライトの娘)という面々にカントリー/ポップ/ロカビリーのティーンエイジャーのスーパーグループ 「NITA, RITA & RUBY」。本作はこのトリオが1955年から1957年にかけて録音した8枚のシングルAB面すべてを収録に加えて、当時未発売だった3曲、グランド・オール・オープリーの貴重なライヴ映像。さらにボーナス・トラックとして、彼女たちそれぞれの同時代のソロのシングル4曲が収録されている。
 ■ブルーグラス最近作/お勧め作
  ●SFW-40249 THE PO' RAMBLIN' BOYS『Never Slow Down』CD(\2,450-)\2,695-税込

 トラッド・グラス一直線、ポーランブリン・ボーイズのフォークウエイズ移籍第1作『Never Slow Dow』トラッド・グラス一直線、ポーランブリン・ボーイズのフォークウエイズ移籍第1作『Never Slow Dow』。スタンレー・ブラザーズ、ヘイゼル・ディケンズ&アリス・ジェラルド、ジョージ・ジョーンズのカバー他。  
  ●SFW-40238 V.A.『Industrial Strength Bluegrass: Southwestern Ohio's Musical Legacy』CD(\2,450-)\2,695-税込

 アパラチアンらの移住者がもたらしたブルーグラスとカントリーの歴史にスポットを当てた素晴らしい企画作品。ラジオ・ランブラーズのリーダーでラジオ局経営にも携わってきたジョー・マリンズのプロデュースの下、ドワイト・ヨーカム"Readin', Rightin', Route 23"、ダン・ティミンスキーによるジミー・マーチン"20/20 Vision"、ハーリー・アレンの名曲"Suzanne"をキース・ホィットリーの影響色濃いモー・ピットニー、ラリー・スパークスのメドレーをジョッシュ・ウィリアムス、ブラッドレィ・ウォーカー、ラッセル・ムーアという当代随一のシンガーが共演、リーアン・ウォーマックによるデイブ・エバンスの"From Life's Other Side"、フランク・ウェイクフィールドのインスト曲"Mountain Strings"をシェラ・ハルが演じる等々、全曲ハイライトといっても良い素晴らしい内容。
  ●REB-1878 KODY NORRIS SHOW『Rhinestone Revival』CD(\2,650-)\2,915-税込 再入荷

 ラインストーンの施されたド派手な衣装で熱気溢れるストレートなブルーグラスで観衆を魅了するコディ・ノリス・ショー、ベルからの第二作。本作ではハードドライビングなトラディショナル・ブルーグラス満載。レノ & スマイリーやラルフ・スタンレーも取り上げていた"Mountan Rosalie"を皮切りにコディのブルーグラスの作法に則ったオリジナルが4曲。SPGMA(アメリカ・ブルーグラス音楽保存協会)アワードの主要8部門でノミネートされたうち7部門を獲得という大ブレーク。
  ●MCM-0023 PRICE SISTERS『Between The Lines』 CD(\2,750-)\3,025-税込

 モンロー・マンドリンをバリバリ弾くロウレンと、ブルーグラス・ボーイズ時代のリチャード・グリーンを髣髴させるフイドルを聞かせるリアナのプライス・シスターズ、マッカリー・ミュージック移籍第一弾の最新作。
  ●BBR-1474 DONNA ULISSE『Mountain Lily』CD(\2,950-)\3,245-税込

 ドナ・ユリシー、ビリー・ブルーから3枚目となる最新作。伝統的なマウンテン・ブルーグラスを踏襲した音創り。バラエティに富んだオリジナルの数々を卓越した歌唱力で歌い上げる。ブードロー・ブライアント作の『It's A Lovely, Lovely World』は、カール・スミス(1952年)とゲイル・デイヴィス(1981年)がカントリーのトップ5ヒットに2度輝いた、明るいラブソングの鮮やかなブルーグラス・アレンジ。
  ●MFR-230818 EAST NASH GRASS 『Last Chance To Win』CD(\2,650-)\2,915-税込

 イースト・ナッシュ・グラスのマウンテン・フィーバーからの第1作。ジェームス・キーのボーカルによる"I Almost Told Her"、ハリー・クラーク作でボーカルを務める"Scarlet Iris "ティム&モリー・オブライエンも取り上げていた"Papa's on the Housetop "、ジーン・シェパードのヒット曲"Slippin' Away"やジョニー・ロドリゲス"How Could I Love Her So Much"等、ラストはアンクル・デイブ・メイコンの"Railroadin' & Gambin'"ビートの効いたパワフルなパフォーマンスで大団円を迎える。ナッシュビル生んだ素晴らしいブルーグラス・バンド、今後も注目。
  ●ROU-0550 V.A.『Moody Bluegrass:A Nashville Tribute To The Moody Blues』CD(\2,450-)\2,695-税込

 60年代末から70年代、日本でも絶大な人気のあったプログレッシヴ・ロックの雄ムーディー・ブルース、美しいメロディ・ラインと幻想的なイメージャリーの「サテンの夜」などのヒット曲、『童夢』などの大作アルバムが知られている彼らの曲をブルーグラスに仕立てるという、ロンサム・スタンダード・タイムなどのヴェテラン・マンドリン・プレイヤー、デヴィッド・ハーヴェイが仕掛けた2004年リリースの好企画アルバム。スチュアート・ダンカンのフィドルとアンドリュー・ホール(インファマス・ストリングダスターズ)のドブロを中心に、アリソン・ブラウンやキース・リトル(bj)、フレッド・カーペンターやオーブリー・ヘイニ―(f)などによる繊細なアンサンブルが、オリジナルの雰囲気を損なうことなく、見事なプログレッシヴ・ブルーグラスに生まれ変わらせている。
  ●AMVB2023 THE INFAMOUS STRINGDUSTERS『A Tribute To Flatt & Scruggs』CD(\2,250-)\2,475-税込

 悪名高いとバンド名に掲げたインファマス・ストリングダスターズ、2021年発売の『A Tribute To Bill Monroe』に続く、フラット&スクラッグス作品を集めた6曲入りミニ・アルバム。メロディアスな曲に美しいコーラスと、ブルーグラスのドライブ感に大掛かりなアレンジを仕掛けたスケールの大きなプログレッシブ・ブルーグラスが持ち味の彼らが原点に帰って、ストレートにF & Sの名曲を演じる。
 ■オールドタイム/フォーク/アメリカーナ最近作 & お勧め作
  ●YEP-3088 AOIFE O'DONOVAN『All My Friends』CD(\2,750-)\3,025-税込

 ウェファリング・ストレンジャーズ、クルッキド・スティルでサラ・ワトキンス、サラ・ジャローズとのアイム・ウィズ・ハーで来日を果たしたイーファ・オドノバン、初のセルフ・プロデュースによる最新作。シエラ・ハル、ノーム・ピケルニー等のブルーグラス人脈に加えて、ブラス、オーケストラ、少女合唱団を従えて、イーファの瑞々しい歌声をフィーチャー。米国人女性に参政権を与えた合衆国憲法修正第19条の成立100年にインスパイアされた、自身の経験を唄いこんだオリジナルをはじめ、参政権運動家キャリー・チャップマン・キャットの演説や書簡を引用した"America, Come"、"War Measure" やボブ・ディランの"The Lonesome Death of Hattie Carroll"他。  
 ■インスト最近作 & お勧め作
  ●ROU-11622 TONY RICE『#58957:Bluegrass Giutar Collection』CD(\2,650-)\2,915-税込

 ブルーグラス界に最も大きなインパクトを与え続けたトニー・ライス、愛器のシリアル・ナンバーをタイトルにした、彼のリズムとリード・ギターを焦点に集められたブルーグラス・インスト全21曲集が再入荷。そのすばらしいリードはもちろんだが、その希有なリズム・ギターに是非聴き入って欲しい。各曲でのトニー自身のコメントでの聴き所や、ギター"#58957"のことなど、寡黙だったトニーが解説するのも嬉しい。
  ●REB-8007 VARIOUS ARTISTS 『True Bluegrass Fiddle』CD(\2,100-)\2,310-税込

 ブルーグラス・インディーズの老舗レベルレコードの豊富な音源から選りすぐったフィドル・インスト集。ジェイムズ・プライスの美しい"Soldier's Joy"ではじまり、ケニー・ベイカー"Dry &Dusty"、オールドタイムの伝統を引き継ぐアート・スタンパー“Goodbye Girls I'm Goin\g To Boston”他、廉価フィドルコンピレーション20曲集。20世紀フィドルのさまざまなスタイルが手軽に楽しめる廉価作品ではある。ドイル・ローソン等、有名曲満載です。
 [近日入荷]  各予約受付中です。価格は予価です。
*ブルーグラス
  ●OBR-83 SWAMP DOGG『Blackgrass: From West Virginia To 125th St』CD(\2,650-)\2,915-税込

 「20世紀アメリカ音楽の偉大なカルト人物の一人」(wiki)、スワンプ・ドッグことジェリー・ウィリアムズ・ジュニア、ノーム・ピケルニー、シエラ・ハル、ジェリー・ダグラス、クリス・スクラッグス、ビリー・コントレラス、ケニー・ヴォーン、ゲストにマーゴ・プライス、ジェニー・ルイス、ヴァーノン・リードを迎えて制作されたブルーグラス作品。
  ●SFW-40267 PO' RAMBLIN BOYS『Wanderers Like Me』 CD(\2,450-)\2,695-税込

 オーセンティック・ブルーグラスの旗頭、ポーランブリン・ボーイズ、フォークウェイズの2枚目となる最新作。
  ●NEDY297 KRISTY COX『Let It Burn』CD(\2,650-)\2,915-税込 6/21

 オーストラリアのブルーグラスの女王と称せられるクリスティ・コックスの最新作。マイク・リチャーズとジェリー・サリーが書いた最新シングル"Let It Burn"他。詳細次号にて。
 *オールドタイム、フォーク、アメリカーナ
  ●ICOG2024 NORMAN BLAKE『Pilgramage To Rising Fawn』LP(\3,200-)\3,520-税込 予約受付中

 御歳86才、今尚、意欲的に創作活動を続けるノーマン・ブレイクの最新作がアナログ盤のみでリリース。プロデューサーのジョン・カーター・キャッシュはキャッシュ・キャビン・スタジオからレコーディング機材を積み込み、テネシー州境を越えてジョージア州ライジング・ファーンのノーマン & ナンシー家を訪ねて録音。ノーマンとはかかわりの深いジョン。・ハートフォードの息子であるジェイミーも参加。
  ●TTBY24002 SWEET MEGG『BLUER THAN BLUE』CD(\3,200-)\3,520-税込  5/24

 ニューヨーク出身で現在はテネシー州ナッシュビル在住のスウィート・メグ、ビリー・ホリデイからパッツィ・クライン、エディット・ピアフからカレン・ダルトン等の影響を受け、ジャズ、ブルース、カントリーといったアメリカの古きよき時代の雰囲気を湛えたボーカルが魅力。クリス・スクラッグス、ビリー・コントレラス、クリス・ゲルブ、デニス・クラウチ等と共演、本物のヒルビリー・ジャズを演じているという。詳細次号にて。
  ●FLK1482A V.A.『JUG BAND EXTRAVAGANZA』CD(\4,500-)\4,950-税込

 2007年のサンフランシスコ・ジャグバンド・フェスティバルで、ジム・クウェスキン、ジェフ・マルダー、ジョン・セバスチャン、デヴィッド・グリスマン、マリア・マルダー、ダン・ヒックス、スージー・トンプソン、フリッツ・リッチモンドによるバーベキュー・オーケストラが出演。ブルース、フォーク、ラグタイム、その他あらゆる音楽が融合したジャグ・バンド・ミュージックの陽気で楽しい衝動にスポットライトを当てている。
 *インスト
  ●MREL2023 MURIEL ANDERSON『Sailing Dreams』CD(\3,300-)\3,650-税込

 全米フィンガーピッキングギター選手権で優勝した最初の女性ギタリスト、ミューリエル・アンダーソン、多彩なゲストのボーカル物を中心とした2024年リリース作品。フィル・ケーギー、スージー・ボガス、テイク6のマーク・キブル、ジェフ・コフィン、ジェフ・カウフマン、アリソン・ブラウン、パット・バーグソン、ダニー・ゴットリーブ、ロイ・ウーテン、アリアーン・キャップ、カイル・ジョーンズ、マット・ネルソン、アヴィロッド・シャルマ、トミー・エマニュエル等が参加。
 *カントリー、ポップ、ロック
  ●FAPO18372 CONNIE SMITH『Love, Prison, Wisdom And Heartaches』CD(\2,950-)\3,245-税込

 コニー・スミス、55枚目のアルバム。本作ではドティ・ウェスト、スキーター・デイヴィス、リズ・アンダーソン、グレイザー・ブラザーズ、ロレッタ・リン、ジム&ジェシー、ジョージ・ジョーンズ、ロイ・エイカフ、マール・ハガード、ダラス・フレイジャーといったカントリー界のレジェンドたちの曲を新しい解釈によって原曲とオリジナル・アーティストへのトリビュートという趣向。スティール・ギターのゲイリー・カーター、ピアノのハーガス・"ピッグ"・ロビンス他、夫であるマーティ・スチュアートがプロデュース、彼のファビュラス・スーパーレイティブスがこのコニーをバックアップ。 
  ●MNGP104 JENNY DON'T & THE SPURS『Broken Hearted Blue』CD(\2,650-)\2,915-税込 6/14

 西部開拓時代のノスタルジーを呼び起こしながら、ノースウエストの音楽サウンドのエッセンスを取り入れたダイナミックな10曲。バンドのガレージ・ロックの原点と、ドライヴするテンポと硬質なファズ・トーンを特徴とする独特のウエスタン・サウンドを巧みに融合。カントリー・ミュージック・シーンの中でも傑出した存在であることを主張しており、そのハイテンションなロッキン・ウェスタン・サウンドは他の一連のバンドとは一線を画している。(レコード会社資料より)
  ●LIB-5176 THE FLYING BURRITO BROTHERS『Live In Amsterdam 1972』2CD \3.900-)\4,290-税込

 カントリー・ロックの嚆矢、フライング・ブリトー・ブラザーズ、1972年1月にアムステルダムで録音された伝説的パフォーマンスが、レコード・レーベルの契約上の問題をクリアして漸く陽の目を見た。ブルーグラスのセットに加えて"Wild Horses"、"Sin City"、"Devil In Disguise"等、お馴染みのカントリー・ロックのセットが収録されています。1972年1月にアムステルダム・コンセルトヘボウで録音されたこの演奏は、レコードレーベルの契約上の義務を果たし、後にバイロン・バーライン、ケニー・ワーッ、ロジャー・ブッシュ、アラン・マンデによるカントリー・ガゼットへと進化、この録音は、LP時代に海賊盤として出回り、その後、オランダとイギリスで正式にリリースされたが、直ぐに廃盤となり、この度、権利問題をクリアーしてリイッシュされました。
  ●MCAN149149 GEORGE STRAIT『Cowboys And Dreamers』CD/(\2,450-)\2,695-税込 予価 9/6

 ジョージ・ストレイト、MCAナッシュビルからの31枚目のアルバムとなる、すべて新曲を収録した、2019年以来初の最新アルバム。
 *発掘
  ●JASMCD3812 JUNE CARTER『No Swallerin’ Place』CD(\2,450-)\2,695-税込

 5度のグラミーを受賞しているジューン・カーター、カーター・ファミリーのメンバーであり、、ジョニー・キャッシュの2番目の妻としても知られる。本作は1949年から62年にかけての、彼女の初期のヒット曲"Baby, It's Cold Outside"、"The Heel"、"Overalls And Dungarees"等、ジューンの初期のキャリアから選りすぐりの32曲、シングルを中心に、グランド・オール・オープリーやルイジアナ・ヘイライドでの超レアなライヴ盤3曲も収録。ホーマー&ジェスロ、カーター・シスターズ&マザー・メイベル、そして最初の夫カール・"ミスター・カントリー"・スミスとのデュエットも収録。
 
 ■楽器、その他……
  ●MISC-PF190 『GHS AMERICANA SERIES BANJO LIGH(10-11-13-W20-10)』(\900-)\990-税込

 話題のGHS社、ノーム・ピケルニー使用弦。メーカーによるとDCT極低温凍結プロセスにより、弦を長持ちさせ、もう少し明るくする。低温処理を施すことによりステンレス鋼の輝きを保ちながら、ニッケルのようにあなたのフレットに優しい弦とのことです。 
  ●MISC-0012 =BILL KEITH BANJO STRINGS(\1,200-) \1,320-税込

 ビル・キースバンジョー弦限定入荷。特徴は1、2、5弦が同じゲージ。.011 .011 .015 .022 .011(ミディアムゲージ)。4弦ブロンズ(スチールも有り)が珍しい。
  ●MISC-SBMP 『秋元慎シグネチャー・マルチカラーピック』(\250-) \275-税込

 何故か一部のミュージシャンの間で人気のマルチカラー・グリスマン・シェイプのピック。
  ●MISC-SBPML 『秋元慎シグネチャー・ピック1.3mm厚』(\250-) \275-税込

 フラットピッカー、特にマンドリン向けのアセチレート素材によるラウンド・トライアングル、1.3mm厚のピック。
  ●MISC-SBP 『秋元慎シグネチャー・ピック1.5mm厚』(\250-) \275-税込

 フラットピッカー、特にマンドリン・プレイヤー向けのアセチレート素材によるラウンド・トライアングル、1.5mm厚のピック。
  ●MISC-SBPL 『秋元慎シグネチャー・ピック・ライト 1.00MM厚』(\250-) \275-税込

 フラットピッカー、特にマンドリン・プレイヤー向けのアセチレート素材によるラウンド・トライアングル、1mm厚のピック。
☆☆ビー・オー・エム・サービス(御注文は:TEL 0797-87-0561:FAX 0797-86-5184:E-MAIL order@bomserv.comにて承ります。☆☆